海の燕

その日の出来事や内面の変化などを書いてみました。 普通って何だろう?私の感じた事や思うことって普通なのかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カオスな女

本っ当に自分というものが分からない。
自分のしたいこと・するべきことの区別がつかない。
みんなはわかっているのかな。
しっかり者の脳ミソ君とわがままな心ちゃんにひたすらたらい回しにされて、最近はひとつの答えを出すのに数日の時間がかかります。

たとえば結婚式。
『普通』するべき結婚式も、私は別にしたいと思わない。
そのような儀式より、これから先の生活の方が大切だと思っているからだ。
節目だからきっちりしなきゃいけないのは分かっているんだけど、結婚式をして永遠の愛や苦難を乗り越える決意をしても、別れるかもしれない。
だから私は、そういった催し物よりも、生活していくことの方によっぽど興味がある。

でも、それは、ちょっと自分勝手だった。

するべきことをせずに自分の思うように行動するのは“勝手”、するべきことをして思うように行動するのを“自由”というのかもしれない。
自分らしく・思うようにと思うなら、まずはするべきことをしなければ、ただのわがままになるんだと思う。

私の家族は、あまり結婚式を望んでいません。
そのため、わたしも結婚式をする意味が分かっていなかった。
結婚式とは、綺麗なおべべを着るためではなく、家族のためにするものなのかもしれない。

泰造の家族は、私を受け入れようと、たくさんお話をする機会を設けてくれている。
結婚式も、私が家族の一員になるから勧めてくれるんだと思う。
泰造んとこの親戚の、お祝いをしたいとい気持ちを汲まねばならない。
私の家がしきたりに頓着しないのをいいことに、泰造の周囲の気持ちなど考えたこともなかった。
まだ生活も安定していないのに結婚式なんかしてる場合か!と本気で思っていた。
ブログだからはっきり言うけど。

よく、ドレス着たくないの?とか、一生に一度だからやった方がいい、とか言われるけど、したい気持ちがあるからそう思うのであって、したくない人はそういう発想にならないものなのです。
私は高校の卒業式も成人式も行かなかった女です。
だからその辺の感覚がちょっとずれているようで、そんなことより今日の夕飯何にしようとか、これからの生活のことを考えてしまう。
ただただ平和に幸せに、1歩1歩毎日を過ごしたいとおもうのです。

でも、それは自分だけのわがまま。
私は1人で生きているわけではないのです。
泰造の家族と私の家族に心配をかけないことも、平和に・幸せに過ごすことの一部なのに、それを考えたことがなかったのです。

私は将来泰造の家の墓に入るので、泰造の家族の流れに乗っていかないとイカンのよね。
泰造の家族が私の’脳ミソ君’で、私の家族が私の’心ちゃん’。
脳ミソは理性なので、するべきことを示してくれる役目。
心は感情なので、思ったようにやらせてくれる役目。
思ったようにやった方が楽だから、私は私の家族に甘えていました。


富士山の頂上で絶景を見たいなら、しっかり準備をして、さらに山を登らなくちゃね。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/07(金) 09:41:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これ、なーんだ。 | ホーム | 頭がぼーん。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springbeauty.blog76.fc2.com/tb.php/642-11ad9089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。