海の燕

その日の出来事や内面の変化などを書いてみました。 普通って何だろう?私の感じた事や思うことって普通なのかな?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢をかなえるぞ!

ある人に『夢をかなえるゾウ』という本をおすすめされた。
おすすめされた時、夢をかなえるぞ!と聞こえた。

この本は本当に面白い。
ある日、’成功したいけど今までの習慣を変えられない’平凡な男子の前に、ガネーシャというインドのゾウの神様が現れる。
神様は男子に様々な課題を与え、男子は少しずつ変わっていく。
ガネーシャの出す課題は本当に簡単で、分かりやすい。が、日常に埋もれやすい。
たとえば
・靴をみがく
・1日何かをやめてみる
・毎日、感謝する
簡単なことなんだけど、なぁなぁにしていることばかりだ。

変わりたい!こうなりたい!なんていう情熱は、維持するのがとっても難しい。焚き火の火を絶やさないようにするくらい大変なので、変わるための行動を習慣化することが一番だという。
ガネーシャにはムダがない。
私達が陥りやすいマイナスサイクルの罠も面白おかしくわかりやすく教えてくれる。

この本は3年くらい前に発売され、当時から話題になっていた。でも、手に取ることはなかった。
この本は小説。誰かの自伝ではない。
リアルじゃないから、この本に感銘を受けたとしても現実には使えないだろう。
なんて、読みもしてないくせに偉そうな事を思っていた。
ところが、おすすめしてくれた人は成功の法則の実践者。私はこの本に急に魅力を感じました。
で、一気読みしました。

でも、変われない。
もう一回読んでみた。
理由がわかった。
ガネーシャの言葉で一番はっとしたものを書いときます。
「人間が変われるのは、『立って何かをした時だけ』や」
「みんな知ってんねん。やりたいことやって後悔せんような人生送ったほうが幸せになれるてな。でもやらへんねん。何でや?それは、でけへん理由ばっかり探してるからや。世間体。不安。同じやで。人を縛ってる鎖なんてみんな同じなんや。」
おまけに
「世界を楽しんでや。心ゆくまで。」

この本に出てくるガネーシャは関西弁です。
だからよかった。読みやすかった。

何かを一生懸命頑張ってる時は、こういう言葉が耳に入らない。
忙しいし、頑張るのが当たり前だから。
現在進行形で頑張っている人にこういうことをのたまうと、「そんなこと気にしてないで行動しろ!」と煙たがられると思う。
別の本では、その『頑張っている人』が陥る罠について書かれている。
なんでやらないの?
と自分と同じ事をやらない人にイラッとくることだそうです。

もうね、ああいえばこういうって感じ。
ガネーシャしかり、別の本しかり。人の学びは果てしねーです。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/13(木) 10:13:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パッションイズエブリシング | ホーム | テト現象>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://springbeauty.blog76.fc2.com/tb.php/645-7fcc2aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。